【特集】遮熱塗料ってあるの?

公開日: |最終更新日時:

外壁の機能を堅牢かつ美しく維持するためには、外壁を定期的に塗り替える必要があります。ここでは、外壁塗装の際に活用したい遮熱塗料について紹介しています。

外壁塗装の遮熱塗料はある?

答はもちろんYESです。ウレタン、アクリルシリコン、フッ素などの種類があり、屋根、外壁、ベランダなどの防水面、さらにはコンクリ―トやアスファルト(例えば駐車場など)と言った具合に、用途に応じて適したものを用います。

なお、似た性質をもつものとして断熱塗料というものもあります。遮熱塗料は光を反射し、建物内部に入ってくる熱を少なくするのに対し、断熱塗料は光を反射しないため熱の発生は抑えられませんが、熱や冷気の侵入を防いでくれるという性質があります。価格的には、断熱塗料の方がより高額となります。

遮熱塗料の必要性とは?

先にも触れましました通り、地球温暖化が原因と思われる酷暑は、年々その勢いを増し続けています。そうした熱によって家屋がダメージを受ける度合いを軽減するというのはもちろん、住む人にとっても室内温度の上昇を抑制し、ひいてはエアコン依存度を減少させ、光熱費の負担も軽減してくれます。

メリット・デメリット

遮熱塗料のメリットは前述しました通り、夏の酷暑においても室内の温度上昇を抑制してくれるのでエアコン依存度が下がり、熱による建物へのダメージも軽減するという点につきます。また一般的な外壁塗料に比べ耐用年数が1.5〜2倍となっている点も見逃せません。

逆にデメリットは、まずコスト面。安価なシリコン塗料などと比べ、耐用年数は長いものの、倍以上のコストがかかってきます。また塗装面が汚れてくると遮熱効果が落ちるので、夏間などには洗浄が必要となってきます。そして断熱塗料とは異なり、冬場の寒さを補う保温効果はありません。あくまで暑さを抑制するための塗料です。

遮熱塗装はプロに依頼を

以上の通り、遮熱塗装は夏の暑さや熱から人間も建物も守ってくれるという効果が期待できる塗料です。そもそも外壁というものは定期的に塗り替えが必要になるものですので、どうせやるなら、遮熱塗装を検討してみてはいかがでしょう。

ただし、塗装作業はプロに依頼するのが賢明です。ご自分で塗料を購入して塗ることも不可能ではありませんが、肝心の遮熱性能を発揮させるためには、プロの技が不可欠です。その点はしっかりと踏まえておいてください。