【静岡版】後悔しない外壁塗装ガイド » 外壁塗装の基礎知識 » 外壁塗装で悪徳業者を見抜くには?

外壁塗装で悪徳業者を見抜くには?

公開日: |最終更新日時:

外壁塗装の工事を行う際、注意しなければならないことに悪徳業者の存在が挙げられます。残念なことではありますが悪徳業者が一定数いることを念頭に置く必要があるのです。今回は悪徳業者への依頼を未然に防ぐためのポイントなどを紹介していきます。

悪徳業者かどうかを事前にチェックする方法

訪問販売でないか

実は外壁塗装の際に、悪徳業者に出くわす可能性が最も高いのが訪問販売です。どんなに注意したとしても、販売員から話しかけてくるので完全に防ぐことは難しいでしょう。また訪問販売をおこなう全ての業者が、悪徳業者という訳ではありません。とは言え100%というわけではなく、中には良心的な業者もいるため、悪徳業者かどうかを見極めることが重要になってきます。

なぜ悪徳業者が訪問販売を行うのかというと、評判などをチェックされる心配が少ないからです。基本的に悪徳業者の場合、積極的に営業をしなければ客が来ないケースがほとんど。そのため少しでも悪い評判を知らない間に契約を交わそうと狙うのです。

業者オリジナルの塗料をすすめられないか

外壁塗装業者の中には、オリジナルの塗料を販売しているケースもあります。オリジナル塗料のすべてが悪い訳ではありませんが、オリジナル塗料を勧める悪徳業者も多いので、オリジナル塗料の話が出たら警戒しておくことを忘れずに。

一般の塗料であれば、ネットなどで相場などをすぐにチェックすることができますが、オリジナル塗料の場合、情報が出ておらず、品質や相場などを把握が困難。悪徳業者はそこに目を付け、相場よりも高値で塗料を売る、質の悪い塗料を用いて施工するなど詐欺まがいの行為を行うのです。

メンテナンスが不要、大学との共同開発などという触れ込みで、オリジナル塗料を強引に使わせようとする場合には悪徳業者の可能性が高いと考えましょう。

大幅な値引きの話をしてこないか

一般の外壁塗装業者も値引きを行うケースももちろんあります。しかし、30万円、100万円、といった大幅な値引きを行うケースはほとんどありません。こちら側が交渉し勝ち取った値引きであれば信頼できる可能性はありますが、何もアクションを起こす前から値引きを提案してくるような業者はかなり疑わしいです。なぜなら業者から見る値引きは、工事に必要な費用・材料費を削るため、完成後のクオリティーを下げるといったマイナスに繋がる行為となります。そのため自ら提案すること自体が少ないのです。

工事にかかる費用を全額先払いで求めてこないか

一般的に外壁塗装の費用は、工事の後に支払います。もし工事を行う前に支払いを要求されるのであれば、悪徳業者の可能性大です。もし先払いしてしまえば、工事を行わずに逃げてしまう業者もいるので注意しましょう。

また先払いではなく、一部を先払い請求するなど、バレにくい対策を行っている悪徳業者もいます。一部でも工事前に何かを支払うことは避けた方がいいでしょう。

契約を急かすようなことを言ってこないか

「今すぐ」「今だから」「すぐに」などと急かすようなワードを多用する業者は、悪徳業者の可能性があります。とくに「今工事しないと危険」など不安をあおってくるような業者は、悪徳業者と考えてもいいでしょう。

外壁塗装は基本的に一定期間ごとに行うものです。たとえ長い間施工をしなかったとしても、構造自体に問題を与えるケースはほとんどありません。そのため、じっくり考えてから外壁塗装を行う業者を決めるようにしてください。

悪徳業者にだまされないためには

地元の塗装業者か確認する

一般的に悪徳業者は、悪い評判が立ちやすい地元で悪さをすることはありません。そのため地元の業者に依頼すれば、悪徳業者に巡り会う確率は低いでしょう。

塗装業者の事務所に行ってみる

悪徳業者はまともに仕事をしていないケースがほとんどなので、基本的に自分から会社の情報を伝えるケースは少ないでしょう。もし悪徳業者の名刺などをもらったら、自分の目でどんな事務所なのかチェックしてみてください。塗装置き場がない、事務所すらないなど外壁塗装業者とは思えない一面が分かるかもしれません。

業者紹介サービスを利用する

外壁塗装を行う業者が沢山あると、どこが良いのか迷ってしまうはず。そんな時には業界商会サービスを活用することで、客観的な視点で業者を紹介してくれるので、最適な業者が選びやすくなるでしょう。