【静岡版】後悔しない外壁塗装ガイド » 外壁塗装の基礎知識 » 外壁塗装に使用する塗料の種類

外壁塗装に使用する塗料の種類

公開日: |最終更新日時:

外壁塗装に使用する塗料の種類には、どんなものがあるのでしょうか?代表的なものをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

塗料の種類

ウレタン

主成分がウレタン樹脂であるウレタン塗料は、柔らかい素材で、密着性に優れています。ゴルフボールの塗装にも使われるほどの小さくて細かい箇所や、さまざまな曲面にも対応していて、複雑な形状の外壁にも最適だとされています。ウレタン塗料は剥がれにくく硬度があり、耐用年数は5〜10年。仕上がりは独特の光沢感がありますので、それが気になる人は避けた方がいいかもしれません。

アクリル

アクリル塗料は、塗料の主成分がアクリル樹脂の塗料のこと。軽いので重ね塗りしやすい塗料で、また、光沢があって発色もいいので、調理家電や、自動車の上塗りなどでよく使用されています。アクリル塗料は最もリーズナブルな塗料ですが、耐用年数が3〜8年程度と短いという特徴があり、すぐに塗り直しのメンテナンスが必要になります。

セラミック

セラミックが配合された塗料のことを、セラミック塗料と呼びます。セラミック塗料には、「セラミックビーズを加えることで熱を遮断して、断熱や遮熱の効果がある」「親水性が高いため、外壁が汚れにくくなる低汚染性の機能がある」「陶磁器の材料を吹き付けることによって、石材調のデザインにできる」という三つのタイプがあります。セラミック塗料の耐用年数は約10〜20年ですが、合成樹脂の成分によっても異なります。

シリコン

主成分がシリコン樹脂でできているシリコン塗料は、総合的に住宅保存にかかるコストを大きく削減できると言われるほど、非常にコストパフォーマンスが高い塗料。塗装業者の中には、塗料選びに迷ったらシリコン、というケースが多く見られます。耐久性・耐水性・費用などのバランスも良く、耐用年数は約7〜15年です。

フッ素

フッ素樹脂を使ったフッ素塗料は、耐熱性・耐寒性が高く、あらゆる気候に対応できるだけでなく、耐用年数も12〜20年と非常に長いのが大きな特徴です。しかし、費用が高いため、一般住宅では、外壁よりも施工面積の狭い屋根にのみ採用されるケースが多いです。長い期間メンテナンスをしないで済むことから、陸橋や鉄塔、高層ビルなどの塗装でも好まれている塗料です。

ラジカル

ラジカル塗料は、これまでの塗料で多かったチョーキング現象の発生を抑えるために開発されました。塗膜の劣化・変色を防ぐ高耐候酸化チタンや、光安定剤が主成分で、製品によって、アクリル・シリコン・フッ素などと一緒に配合され、耐用年数は8〜16年です。

静岡の外壁塗装業者を
比較しました!
塗装道具

仕上がりの良さや対応力、気になる価格・保証など、業者選びで重要なポイントをリサーチ。静岡に対応する外壁塗装業者の中で、おすすめの5社をピックアップしました。