【静岡版】後悔しない外壁塗装ガイド » 外壁塗装の基礎知識 » 外壁塗装のタイミングを知らせるサイン

外壁塗装のタイミングを知らせるサイン

ここでは、外壁の塗り替えタイミングの目安となる、外壁の状態をまとめています。塗り替えタイミングが知りたい人は必見です。

外壁の症状

外壁塗装に使用される塗料には耐用年数があり、それを過ぎると少しずつ劣化し、住まいにダメージを与えてしまいます。耐用年数を過ぎるとどのような症状が起きるのか、劣化事例をチェックしていきましょう。

ツヤがなくなる

まず始めに見られる劣化現象はツヤです。外壁塗装にはツヤ有り・ツヤ無しの2種類がありますが、ツヤ有りを選択してもやがては無くなってしまいます。外壁自体の防水効果が低くなるため、住まいの健康を保つにはこの時期で塗り替えるのがベストです。

色があせる

紫外線や雨風の影響をダイレクトに受ける外壁は、年を経るごとに色あせてしまいます。もちろんこれも劣化のサインで、そのまま放置しておくとひび割れや剥がれに繋がるでしょう。色ムラも目立ってくるので、美観を気にする人は劣化のサインに気付きやすいです。

白亜化(チョーキング)

白亜化(チョーキング)とは、塗料に含まれる顔料が塗膜から分離して起こる劣化のサインです。外壁を軽く撫でた時に白い粉のようなものが手に付着する場合は、白亜化が起きています。外壁を保護する機能が低下している証拠なので、なるべく早い対処が必要です。

ひび割れ(クラック)

浅いものは塗料の経年劣化で硬化し、ひび割れを起こしている状態です。早急な対処の必要はありませんが、塗り替えのタイミングを知らせるものとして認識しておきましょう。放置しておくとひび割れが深くなり、雨水が建物内に浸水するため注意しなければなりません。

剥がれ

外壁は塗料で覆うことで、外的刺激から住まいを守る役目を果たしています。塗膜が剥がれるというのは、紫外線や雨風の影響が浸透しているということです。住まいの寿命が短くなる原因ですし、美しさも損なわれてしまいます。

変色

外壁が塗装時の色とは異なった状態になっていたら、それは塗り替えのサインです。特に赤や青、黄色や緑系の塗料は変色しやすい傾向にあります。塗料だけではなく、コーキングが黒くなっている場合も塗り替えのタイミングと言えるでしょう。

カビ・コケ・藻

カビ・コケ・藻は、湿度が高く直射日光の当たりにくい場所で発生しやすいでしょう。自然界の汚れが、雨や風の影響で壁に付着するのが原因です。長期に渡りこの状態が続くと、外壁が緑などに変色し、保護機能が低下します。

爆裂・ひび割れ

コンクリートは圧縮に対する強度は高いですが、熱による引張強度は低いです。そのため日光による熱の影響で引っ張られる状態が続くと、必然的にひび割れが生じます。このひび割れから雨水や炭酸ガスが躯体の内部に侵入すると爆裂し、鉄筋がむき出しになるのです。