【静岡版】後悔しない外壁塗装ガイド » 外壁塗装の基礎知識

外壁塗装の基礎知識

外壁塗装とは、経年劣化により古くなってしまった家の外壁を長持ちさせるために行う塗装のことです。

外壁に塗られている塗料が劣化すると、雨や雪などに耐えるための防水性が失われ、外壁に水が染みこんでいき湿気などを吸って傷みが進みやすくなります。

傷みがひどくなると外壁そのものを張り替えなくてはならず、大掛かりな工事が必要となってきます。また外壁にひび割れができ、壁自体が反ってきて家全体の印象が悪くなってしまいます。

外壁塗装をするなら知っておきたいポイント

「よく【自社施工】と聞くけど、下請け施工との違いって何?」など、気になる外壁塗装に関しての基礎知識などをまとめました。

また外壁塗装を行うタイミングを知っておくと、住まいの劣化が進む前に対処することが可能です。また何かあった時のために、よくあるトラブルについてもチェックしておきましょう。

自社施工と下請け施工の違い

自社施工とは、打ち合わせ・調査から施工、アフターサポートまで一貫して自社で行うことです。一方で下請け施工は、仕事を契約する業者と実際に作業を行う業者が異なるケースを指します。どちらの方がよりお得なのか、詳しくチェックしていきましょう。

自社施工と下請け施工の
違いとは

外壁塗装のタイミングを知らせるサイン

外壁塗装の耐用年数は、短くて2~3年、長い場合は20~30年くらいと言われています。実際には環境や手入れの方法で異なるため、外壁の状態を目安にすると良いでしょう。こちらでは、塗り替える時期の目安となる外壁の状態について紹介しています。

そろそろ塗り替え時期かも!
外壁塗装のタイミングの目印とは

外壁塗装でよくあるトラブル事例

外壁塗装業者の中には、高額な費用を要求したり見積書とは違う工事をする、いわゆる悪徳業者も存在します。また利用者と業者のどちらにも悪気はなくても、トラブルが発生するケースもあるでしょう。業者を探す前によくあるトラブルを知っておけば、予防や対処が可能です。

避けたいトラブルを事前にチェック!
外壁塗装のトラブル事例紹介